←トップ頁へ

和名 ネムロコウホネ
漢字表記 根室河骨
別名・異名
古名
語源 和名は、我が国で最初に採取された地が北海道の根室であったため。/属名は、アラビヤ語のneufarから。/種小名は「低い、小さい」の意。
学名 Nuphar pumilum DC.
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 萍蓬草
植物分類 スイレン科コウホネ属
園芸分類 多年生草本 東京大学附属日光植物園にて
用途 野草
原産地 日本(北海道東部・本州北部の高山帯)/ヨーロッパ~シベリヤ地方
花言葉
解説 オゼコウホネに似ているが、雄蘂の花糸が葯よりも遙かに長く、柱頭の色は黄色い点で区別される。因みに、オゼコウホネ(尾瀬や月山に自生が見られる)の場合、柱頭が赤いのが特徴。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
18 222 「河骨」