←トップ頁へ

和名 ネモフィラ・マクラータ
漢字表記
別名・異名 ファイヴ・スポット
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名のNemophilaとはギリシャ語のnemos(=森)とphileo(=愛する)の2語による合成語である。原産地のアメリカ西部では森の周辺部に自生が見られることから命名されたと言うことである。/種小名は「斑点のある」の意。
学名 Nemophila maculata
英名 Five spot Nemophila,
Baby blue eyes
撮影者:東京都 中村利治様
仏名 Némophile maculée
独名 Gefleckte Hainblume
伊名
西名 撮影地:足立区農業公園
葡名
漢名 粉蝶花斑
植物分類 ムラサキ科(←ハゼリソウ科)ルリカラクサ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種(アメリカ)
花言葉 どこでも成功
解説 ネモフィラ・マクラータは、ムラサキ科(←ハゼリソウ科)の一年草である。今日、我が国の園芸界では、「ファイヴ・スポット」名で流通している。草丈はせいぜい15~25㎝程度である。葉は、掌状で羽状に深裂する。葉縁には白色の細毛が散生する。3~5月頃に、花茎の先端に花径2.5~3㎝程度で白地に濃紫色の線状紋・斑紋の花を見せる。花弁数は5個で、花弁の表面には細かな紫色の条線模様が入り、先端部には濃紫色の目立った斑点模様が入る。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考