←トップ頁へ

和名jp ネコノメソウ
撮影:GKZ/日光植物園↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:千葉県市原市↑

撮影地:狭山丘陵・岸田んぼビオトープ↑ 
漢字表記 猫目草
別名・異名
another name
 撮影地:岐阜県根尾村
    (現本巣市)→
古名old name ネコノメソウ(猫児眼晴草)
語源
etymology
和名は、果実の突起を猫の目に見立てたことからという。
属名は、ギリシャ語のchrysos(=金の)とspleen(=脾臓)の合成語で、花色と薬効からと言う。
種小名は北米の分類学者A.グレイの名に因んでいる。
学名sn Chrysosplenium grayanus
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 金腰
植物分類 ユキノシタ科ネコノメソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国
花言葉 気移り、誠実、謙虚
解説
description
ネコノメソウはユキノシタ科の多年草である。我が国各地の山地の湿地に見られる山草である。草丈は5~20㎝程度。茎は地上を這い、そこから根を下ろす。葉は対生し、卵円形で、荒い鋸歯が見られる。全草無毛。3~4月頃、茎頂に淡黄色の小花を多数集まって開花する。萼片は4個。結実時の様子に関しては、ヤマネコノメソウのページを参照下さい。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考