←トップ頁へ

和名 ネバリノギラン
漢字表記 粘芒蘭
別名・異名
古名
語源 和名は、花穂が粘り気を持ち、葉姿がノギランに似ていることから。/属名はギリシャ語で「粉ひき女」の意で、花被の外観が粉状を呈することから。/種小名は「葉のある」の意。
学名 Aletris foliata Bureau et Franch.
英名
仏名
独名 東京大学付属日光植物園にて→
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ノギラン科(←ユリ科)ソクシンラン属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(北海道・本州の中部以北・四国・九州)
花言葉
解説 ネバリノギランは、ノギラン科(←ユリ科)の多年草である。高山の草地に自生が見られる。葉長15㎝、幅1~2㎝程度。8月頃、20㎝前後の花茎を出し、上部に淡緑色の花を見せる。名前の通り、花には粘り気がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考