←トップ頁へ

和名 ナツズイセン
漢字表記 夏水仙
別名・異名 ケイセイバナ
古名
語源 和名は、葉がスイセンに似ていて、夏に花を見せることから。/属名は、ギリシャ神話の海の女神リュコリスに由来している。/種小名は、「鱗片を持つ」の意。
学名 Lycoris squamigera
英名 resurrection lily
仏名
独名 拙庭にて
伊名
西名
葡名
漢名 鹿葱
植物分類 ヒガンバナ科ヒガンバナ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地
花言葉 楽しむ
解説 ナツズイセンは、ヒガンバナ科の多年草である。8月頃に50㎝程の花茎を出し、6,7個の花を見せる。花色は淡紫紅色。葉は、早春に姿を見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 ナツズイセンは、日本原産ではなく、中国原産のL. sprengeriとL. stramineaとの自然交雑種が渡来して野生化したものと推測されている。