←トップ頁へ

和名 ナチアワモリショウマ
漢字表記 那智泡盛升麻
別名・異名 ナチアワモリソウ(那智泡盛草)
古名
語源 和名は、和歌山県産のアワモリショウマであることから。因みに、「升麻」は、漢方薬の用語で、サラシナショウマの地下茎から解毒や解熱用の生薬を得ている。/属名はギリシャ語のa(=無)とstilibe(=光沢)の合成語から。/種小名は「日本の」の意。
学名
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ユキノシタ科 チダケサシ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本:和歌山県
花言葉 恋の訪れ
解説 ナチアワモリショウマは、ユキノシタ科の多年草である。概して産地や谷川沿いの岩上に自生の見られる野草である。草丈はアワモリショウマに比して随分小さく25㎝前後程度となる。。葉は3~4回3複葉である。学名に反して、葉には光沢が見られる。(学名は、インド産の基準種には葉に艶が無かったからとのことである。)小葉は披針形~楕円形で、葉身の上半分の縁には規則的な鋸歯が見られ、逆にした半分から基部にかけては鋸歯が小さくなりやがて鋸歯は消える。葉身の基部や葉柄部分は赤紫色となる。4~6月頃茎頂に円錐花序を出し、白色の小葉なを多数つける。花には幾分芳香がある。花の付き方はアワモリショウマに比して疎らな印象を受ける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考