←トップ頁へ

和名jp ナルコユリ  
漢字表記 鳴子百合  
別名・異名
another name
ツリガネソウ(釣鐘草)
ツユクサ(露草)
ササユリ(笹百合)
ショウセイ(正精)
 
古名old name アマナ(甘菜・安万奈)
オホエミ(於保恵美・黄精)
 
語源
etymology
属名は、ギリシャ語のpolys(=多い)とgonu(=膝・節)の合成語で、根茎に多くの節があることから。
種小名は「鎌状の」の意。 
学名sn Polygonatum falcatum  館林市:野鳥の森にて    
英名en Solomon's Seal
仏名fr sceau de Salomon
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 黃精
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ナルコユリ属(←アマドコロ属)
園芸分類 多年生草本
用途se 路地植え/鉢植え/薬用/食用(葉・根)
原産地
distribution
日本(本州以西)  
花言葉 あなたは偽れない、元気を出して、心の傷みが分かる人 
解説
description
ナルコユリは、キジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。概して山地の林下に自生の見られる野草である。根茎は横に這い、草丈は50~100㎝程度に。葉は長さ10~15㎝程度の披針形で2裂に互生する。5~6月頃に葉腋から花柄を出し、長さ2㎝前後程度で緑白色の筒状花を数個下垂する。花後には球形の液果が暗緑色に熟す。 
履歴  
県花・国花  
古典1 『出雲風土記』  
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語  
備考