←トップ頁へ

和名jp ナルコビエ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 

撮影地:小石川植物園


漢字表記 鳴子稗
別名・異名
other name
スズメノアワ(雀粟)
古名
old name
語源
etymology
和名は、枝上に並ぶ小穂の姿からの命名という。
属名は、ギリシャ語のerion(=軟毛)とchloe(=草)の合成語から。
種小名は「軟毛のある」の意。 
学名sn Eriochloa villosa
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 野黍
植物分類 イネ科ナルコビエ属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
日本・中国・ウスリー地方
花言葉
解説
etymology
ナルコビエはイネ科の多年草である。概して原野~河原等に自生の見られる野草である。茎は基部で分岐をし叢出し直立、草丈は40~90㎝程度となる。葉は、長さ10~30㎝、幅1㎝程度の線形で、概して根出する。7~10月頃、茎頂に長さ7~10㎝程度の総状花序を出し、4~7個の枝を一歩に偏ってつけ、花序の先は枝の側に傾く。小穂は枝の下側に2列に並び、長さ4.5㎜程度の卵形で、黄緑色、毛がある。
履歴
県花・国花
古典1
古名2
季語
備考