←トップ頁へ

和名jp ナンブアザミ
撮影者:東京都 山口米子様 
              撮影地:東北大学植物園   
漢字表記 南部薊
別名・異名
other name
ヒメアザミ(姫薊)
古名old name カマナ(加末奈)
語源
etymology
和名は、南部地方(岩手県)産のアザミの意とか。
属名は根が静脈腫「キルソス」に薬効を持つことからキルシオンと呼ばれたことに「由来しているという。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Cirsium nipponicum Makino
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科アザミ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/路地植え/食用(若菜)
原産地
distribution
日本(本州・四国)
花言葉
解説
description
ナンブアザミは、キク科の多年草である。草丈は2m程度に。開花時には根元の葉は枯れている。頭花は、径2.5~3㎝程度で、横又は斜め下向きに開花する。葉や総苞片のトゲは短い。
 
履歴  
県花・国花  
古典1 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
古典2  
季語  
備考