←トップ頁へ

和名 ナンバンギセル
漢字表記 南蛮煙管
別名・異名
古名 オモイグサ
語源 和名、南蛮人が口にくわえていたパイプに花形が似ていたことからとか。/属名は、ギリシャの医師P・アエギネタの名に因んでいる。/種小名は「インドの」の意。
学名 Aeginetia indica L.var. gracilis Nakai
英名
仏名
独名
伊名
西名                            
葡名
漢名 野菰
植物分類 ハマウツボ科ナンバンギセル属
園芸分類 一年生寄生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 アジア東部・南部の温帯地域
花言葉
解説 埼玉県・滑川町・国営武蔵森林公園にて
履歴 ナンバンギセルは、ハマウツボ科の一年草である。ススキミョウガサトウキビの根に寄生する植物である。草丈20p程度までの矮性の植物である。花茎だけで葉はない。花茎の頂きに横向きの花を見せる。花色は淡紅色から紫紅色。果実は球状で、中に小さな種子を多数持つ。
県花・国花
古典1 『万葉集』、『新古今集』、『謡曲』、『芭蕉句集』
古典2 『物品識名』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 269 「八重根港」