←トップ頁へ

和名 ナキリスゲ
漢字表記 菜切菅
別名・異名
古名 イハホスゲ(巌菅)
語源 和名は、硬い葉で軟らかい菜を切れるの意から。/属名はヒトモトススキの近似種のラテン古名からとも、別には、ギリシャ語のkeirein(=切る)を語源とするとも。/種小名は「柔軟な」の意。
学名 Carex lenta
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 山口米子様 
伊名 撮影地:国立科学博物館付属自然教育園
西名
葡名
漢名 摩挲营苔草
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(本州:関東・新潟県以西・四国・九州・トカラ列島)・朝鮮半島・中国・ヒマラヤ地方
花言葉
解説 ナキリスゲはカヤツリグサ科の多年草である。概して平地から低山帯の樹林内や林縁に自生の見られる野草である。草丈は40~80㎝程度。根茎は短くランナーを出さないが、全体的には大きなまとまりとなる。。基部の鞘には葉身があるが、やがて、濃褐色の繊維質に分解する。葉は硬質で、幅2~4㎜程度で、長さ30~40㎝程度で、先端は下垂状となる。葉の表面には強い光沢がある。9~10月頃、長い花茎を立ち上げ、上部で傾斜~下垂し、先端部に小穂をつける。小穂は円柱状であるが、小穂の先端には雄花がつき、その下に雌花が付く。果穂は長さ3㎝程度で、開出した短毛がある。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2 『本草綱目啓蒙』  
季語 秋(イワオスゲ)  
備考