←トップ頁へ

和名 ナギナタコウジュ
漢字表記 薙刀香薷
別名・異名
古名 イヌアララギ(以奴阿良良岐)/イヌエ(以奴江・以沼衣)
語源 和名は、穂状花序を薙刀に見立てたもの。/属名は、ドイツ人医師並びに植物学者であったJohann Siegesmund Elsholtzの名に因んでいる。/種小名は「縁毛のある」の意。
学名 Elsholtzia ciliata
英名 Vietnames balm
仏名
独名 Vietnamesiche Melisse 撮影者:多摩NTの住人様(上・中)
伊名
西名 撮影地:八王子市・長池公園
葡名
漢名 香薷
植物分類 シソ科ナギナタコウジュ属
園芸分類 1年生草本
用途 薬用
原産地 日本/朝鮮半島/中国/千島列島/東アジア/シベリア~西ヨーロッパ
花言葉 撮影者:群馬県権田 実様(下)
解説 ナギナタコウジュは、シソ科の1年草である。草丈は30~60㎝程度。茎は方形で軟毛が周囲に見られる。葉は長さ5~10㎝程度の卵形で、縁には鋸歯を持ち、先端は鋭頭、茎に対生する。葉には1~2㎝程度の葉柄があり、葉の基部は広いくさび形となる。葉質は薄く、葉の両面にも毛が多く見られる。9~10月頃、穂状花序を出し、淡紅色で筒型の花を多数つける。萼片は5裂する。本種の花は、一つの方向を向いて開花する傾向を見せる。本種の葉や茎には幾分芳香がある。 撮影地:群馬県内
履歴
県花・国花    
古典1
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考