←トップ頁へ

和名jp ナベナ
漢字表記 鍋菜・続断・山芹菜
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、不詳だが、一説には、頭花が鍋を思わせる形状をしているからとか。
属名は、ギリシャ語のdipsa(=喉の渇き)を語源としており、本属の中に、葉の基部が杯状になっていて、水を蓄えるようになっている植物があることからと言う。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Dipsacus japonicus
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:東京都薬用植物園
    
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 日本続断
植物分類 スイカズラ科(←マツムシソウ科)ナベナ属
園芸分類 2年生草本
用途use 薬用(根)
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)/朝鮮半島/中国
花言葉
解説
description
ナベナはスイカズラ科(←マツムシソウ科)の二年草である。本種は、概して山地の広葉落葉樹林域の谷筋に自生の見られる野草である。草丈は1~1.5m程度となる。全草に剛毛が密生する。葉は長さ8~25㎝、幅3~10㎝程度の楕円形で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は尖る~鈍頭で茎に対生する。葉は羽状複葉に見える形状に分裂する。下部の葉では7裂し、上部では3裂する。8~9月頃、茎頂並びに枝先に径2㎝程度頭花をつける。花は長さ7㎜程度で、紅紫色の筒状花で、花冠は4裂する。
履歴 我が国へは明治初期に渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語  
備考