←トップ頁へ

検索名  ピンギキュラ・ヴルガリス  
和名 ムシトリスミレ
漢字表記 虫取菫
別名・異名
古名
語源 和名は、食虫植物であり、スミレに似た花を見せることから。/属名はラテン語のpinguis(=やや太った)を語源としている。葉表に脂肪光沢が多いため。/種小名は「普通の」の意。
学名 Pinguicula vulgaris L.
英名 Butterwort/Common butterwort
仏名  Grassette commune  栃木県岩舟町:栃木花センターにて 
独名 Gemeine Feltkraut
伊名 Pinguicula vulgaris
西名 Grasilla
葡名
漢名 紫花捕蟲菫
植物分類 タヌキモ科ピングイクラ(ムシトリスミレ)属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/鉢植え
原産地 日本(中部以北の亜高山・高山)/北半球北部一帯
花言葉 欺きの香り
解説 ムシトリスミレは、タヌキモ科の宿根草である。高山の湿った岩場や湿地に自生が見られる。葉の長さは3~5㎝程度で、長楕円形、放射状に根生する。葉の表面に粘液を分泌し、小さなな昆虫を捕らえ消化吸収する。7~8月頃に、花茎を出し、スミレに似た花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※ 近縁のコウシンソウは国の天然記念物である。