←トップ頁へ

和名jp ムラサキジンジソウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様  
撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 紫人字草
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、紫色の花をつけるジンジソウの意から。因みにジンジソウは白色で、花弁が「人」という文字のように見えることから。
属名は、saxum(=小石)とfrangere(=砕く)の合成語で、岩を砕くように生えることからと言われる。また、別には、この草が尿結石を溶かす作用があると信じられてきたからとも言われている。
種小名は「Cortusa属(サクラソウモドキ属)のような葉の」の
意。
品種名は「暗紫色の」の意。
学名sn Saxifraga cortusaefolia f. atropurpurea
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ユキノシタ属
園芸分類 常緑多年草
用途use 路地植え
原産地
distribution
日本(本州:関東以西・四国・九州)
花言葉
解説
description
ムラサキジンジソウはユキノシタ科の多年草である。学名に示されるようにジンジソウの1品種として分類される。草丈(花茎の高さ)は10~35㎝程度。葉は長い葉柄を持った掌状で、縁は深く切れ込む。ジンジソウの葉は緑色であるが、本種の葉は銅葉色となる。9~10月頃、長い花茎を立ち上げ、上部に円錐花序をつけ、掲載したような花を数個付ける。花弁は、淡桃紫色で、上の3個は小さく、下の2個は長く下垂する。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考