←トップ頁へ

和名 モウズイカ
漢字表記 毛蕊花
別名・異名 マレイン、バーバスカム
古名
語源 和名は、雄蕊に毛が密生していることから。/属名はラテン語で「髭の生えた者」の意。/種小名は「蛾のような」の意。
学名 Verbascum blattaria
英名 Moth mullein
仏名 Molène blattaire
独名 Schaben-Königskerze,
Schabenkraut
伊名 Verbasco polline
西名 Gordolobo
葡名 Verbasco
漢名 毛瓣毛蕊花
植物分類 ゴマノハグサ科モウズイカ属
園芸分類 2年生草本
用途 野草/鉢植え/薬用
原産地 地中海地方 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 勇気を出しなさい 都立夢の島熱帯植物園にて
解説 モウズイカはゴマノハグサ科の2年草である。草丈は1mにも及ぶ。根生葉はロゼット状で開花時まで残る。葉は長楕円形~へら形で、縁には波状の鋸歯があり、先端は円頭で、茎に互生する。6~8月頃、長さ50㎝bていどの総状花序を出し、径2.5㎝程度の黄色花を開く。
履歴 我が国では戦後に帰化状態にある状況が確認されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考