←トップ頁へ

和名jp モウセンゴケ
撮影:GKZ/日光市:小田代原にて↑
撮影:GKZ/上高地:田代湿原にて↓

撮影:GKZ/八幡平・大沼にて↓

撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:秋田駒ヶ岳8合目辺


漢字表記 毛氈苔
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、葉の様子を毛織物の毛氈にたとえ、姿形が小さいことからコケにたとえたことによる。
属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。
種小名は「円形葉の」の意。
学名sn Drosera rotundiflora
英名en sundew
Venus's flytrap
仏名fr Droséra rosolis
独名de Rundblättrige Sonnentau
伊名it Rosolida
西名es
葡名pt
漢名ch 円葉茅膏菜
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/鉢植え/薬用
原産地
distribution
日本/北米北部/シベリア/北欧
花言葉 詐欺・不誠実
解説
descriprion
モウセンゴケは、モウセンゴケ科の宿根草である。食虫植物として知られている。我が国各地の日当たりのよい酸性湿原に自生が見られる。杓子状の葉は赤色を帯びている。表面には多数の紅紫色の腺毛が見られる。小さな虫がこれに触れると密着する。虫は腺毛から出される分泌液で消化吸収される。6~8月頃花茎を出し、花径10㎜前後の白色の小花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 撮影:GKZ/長野県小谷村:栂池自然園にて↓