←トップ頁へ

検索名 モロコシ
和名 コウリョウ
漢字表記 高梁
別名・異名 モロコシ/タカキビ/コーリャン/カオリャン/ソルガム
古名
語源 和名は、「高梁」の音読みから。/属名はサトウモロコシの古名sorgoから。/種小名は「二色の」の意。
学名 Sorghum bicolor
英名 sorghum
仏名 sorgo
独名 sorgho 撮影者:南米ボリビア・スクレ市在住のY.Oue様
伊語 saggina,sorgo comune
西名 sorgo
葡語 sorgo
漢名 高梁
植物分類 イネ科モロコシ属
園芸分類 一年性草本
用途 食用/酒/家畜飼料
原産地 アフリカ
花言葉 財宝、富、豊富、同意
解説 モロコシは、イネ科の一年草である。モロコシはアフリカ原産の穀類でサハラ砂漠南縁に沿ったサバンナ地帯で栽培化された。やがて、東へと伝搬し、アジア東北部で独特の発達を遂げたものがコウリャンである。粉粥にしたり、酒を作ったりと、貴重な穀物の一種となっている。茎は直立し、草丈は2m程度に。葉は線状披針形で、長さ50~60㎝程度、幅5~6㎝程度で互生する。7~8月頃茎頂に赤褐色の花を穂状につける。種子は球形で、白色や黒色等。
履歴 我が国へは天正年間(1573~92)に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『物類呼称』
季語 秋(きび)
備考 ←Y.Oue様のサイトです。参照下さい。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
19 234 「麦飯石」