←トップ頁へ

和名 ミズチドリ
↑撮影:東京都 中村利治様/箱根湿生花園↓

撮影:GKZ/奥日光戦場ヶ原↓

漢字表記 水千鳥
別名・異名 ジャコウチドリ(麝香千鳥)
古名
語源 和名は、水湿地に自生が見られ花姿がチドリソウ(デルフィニウム)に似ていることからという。
属名はギリシャ語のplatys(=広い)とanthera(=葯)の合成語からで、葯隔が広いことから。
種小名は「完全に舌状の」の意。
学名 Platanthera hologlottis
英名 The Lobeless Planthera
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 密花舌唇蘭
植物分類 ラン科ツレサギソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本/千島列島/朝鮮半島/中国/シベリア
花言葉
解説 ミズチドリはラン科の多年草である。概して山地の水湿地に自生の見られる野生ランである。草丈は50~100㎝程度に。葉は長さ10~20㎝、幅1~2㎝程度の線状披針形で、基部は茎を抱き互生する。葉は、茎上方に行くにつれて小さくなる傾向を見せる。6~7月頃、茎上部に穂状の花序を出し、白色の小花(径1㎝前後経度)を多数つける。花弁並びに萼片は4~5㎜程度ととても短いが、距は逆にとても長く1㎝前後となり、後方に下垂する。本種には、芳香があり、ジャコウチドリとも呼ばれる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考