←トップ頁へ

和名 ミズアオイ
漢字表記 水葵
別名・異名
古名 ナギ(菜葱・水葱・那岐)
語源 和名は、湿地に生え、葉が葵に似ていることから。/属名はギリシャ語のmonos(=単)とchorizo(=離す)の合成語で、雄蕊の1本が二股に分かれ1葯が離れているから。/種小名は「採集したコルサコウフ公の」の意。
学名 Monochoria korsakowii reg. et Maack
英名
仏名 埼玉県行田市:古代蓮の里にて 
独名
伊名
西名
葡名
漢名 雨久花
植物分類 ミズアオイ科ミズアオイ属
園芸分類 水生一年生草本
用途 路地植え(湿地)/食用(葉)
原産地 日本/朝鮮半島/中国北部/ロシア沿海州
花言葉 前途洋々
解説 ミズアオイは、ミズアオイ科の一年草である。ホテイアオイとよく似ているが、全体的に小さ目である。また、ホテイアオイと異なるのは、葉柄が膨れない点である。ミズアオイよりももっと小型の存在がコナギということになる。草丈は20~40㎝程度。葉質は厚味があり、また、光沢もある。9~10月頃、穂状の花序を出し、径3㎝程度で青色の6弁花を数個つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』
季語
備考