←トップ頁へ

和名jp ミヤマスミレ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:栃木県・奥那須 
漢字表記 深山菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は高山に自生するスミレの意から。
属名
は、スミレのラテン古名から。
種小名は、カナダでのレッドリバー植民地の指導者だったセルカーク卿への献名。
学名sn Viola selkirkii
英名en Selkirk's violet
Great-spur violet
仏名fr Violette de Slkirk
独名de Geflecktes Veilchen
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 深山菫菜
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
北半球温帯~寒帯
花言葉 誠実・あどけない恋
解説
description
ミヤマスミレは、スミレ科の多年草である。本種は、北半球の温帯(高山帯)~寒帯地域に広く分布する菫で、概して幾分湿り気の多い落葉樹林下に自生の見られる菫である。草丈は3~10㎝程度となる。葉は長さ2~4㎝程度の心形で、先端部は尖る。5~6月頃、径1.5~2㎝程度で唇形花で、鮮やかな紅紫色の花をつける。花弁は細目となる。葉も花も無毛である。本種の場合、目が横走し繁殖するので、概して群落を構成することが多い。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考