←トップ頁へ

和名 ミヤマカタバミ
漢字表記 深山酢漿草
別名・異名 ヤマカタバミ/エイザンカタバミ
古名
語源 和名は、高山に自生の見られるカタバミの意。/属名は、ギリシャ語のoxys(=酸っぱい)を語源としている。/種小名は「扇状の」の意。/変種名は「小さい」の意。
学名 Oxalis griffithii
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:新潟県・越後白山
西名 撮影者:新潟県 塩野計司様
葡名
漢名 山酢浆草
植物分類 カタバミ科カタバミ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え(ロックガーデン)
原産地 日本/中国/ヒマラヤ地方
花言葉 歓喜
解説 ミヤマカタバミは、カタバミ科の多年草である。概して山地の樹陰地に自生の見られる野草である。葉はすべて長い葉柄を持った根生葉で柄の先には3小葉がある。小葉は倒心形でもしくは三角形で、長さ2㎝前後、幅3㎝前後。先端は凹んでいる。3~4月頃、花柄の頂に白色の花を開く。花弁は長楕円形、長さ10~15㎜程度。花弁には淡紫色の細いストライプが見られる。蒴果は円柱状で長さ5ミリ程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考