←トップ頁へ

和名 ミチノクヒメユリ
漢字表記 陸奥姫百合
別名・異名
古名
語源 和名は、東北地方に見られる姫ユリの意。/属名は「白色」を意味するラテン古名から。/種小名は「同色」の意。
学名 Lilium concolor Salisb. var. mutsuanum Makino
英名
仏名 現在写真はありません。
お持ちの方、是非ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
独名
伊語
西名
葡語
漢名
植物分類 ユリ科ユリ属
園芸分類 多年性草本
用途 野草/路地植え/切り花
原産地 日本(福島・山形・秋田・青森各県)
花言葉
解説 ミチノクヒメユリは、ユリ科の多年草である。学名に見られるようにヒメユリの変種である。東北の山地に自生するが、原産地では1960年代に切り花用に生産栽培が行われている。草丈は30~80㎝程度。葉は線形で長さ5~10㎝程度。6~7月頃に、朱赤色の花を上向きに開花する。茎には毛が見られない。
履歴
県花・国花 山形県:鮭川村花
古典1
古典2
季語
備考