←トップ頁へ

和名 ミタケスゲ
漢字表記 御嶽菅
別名・異名
古名
語源 和名は、高山帯に自生することから。/属名については、2説あり。その一はヒトモトススキの近似種(=Cladium mariscus)のラテン古名を語源とする説。その二は、ギリシャ語のkeirein(=切る)を語源とする説。/種小名はフランスの植物学者で北米の植物を研究したA.ミショーへの献名。/亜種名は「アジアの」の意。
学名 Carex michauxiana subsp. asiatica 

栃木県奥日光:戦場ヶ原にて
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 千島列島/北海道/本州中部以北
花言葉
解説 ミタケスゲはスゲ科の多年草である。概して日当たりの良い高層湿原帯に叢生する野草である。葉は花穂よりも低く、幅3~5㎜程度で、扁平で、幾分硬さがあり、縁はざらつき、長さ15㎝程度である。6~7月頃、20~50㎝程度の穂を立ち上げ、その上部に15㎜程度の雄花をつけ、その下方に離れて雌花がつく。花穂を持つ茎は直立し、形状は三角形で、平滑、幾分硬さがある。果苞は長さ10ミリ程度で開出または反曲する。根茎は短く、古い葉の枯れた繊維に包まれる。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考