←トップ頁へ

和名 ミセス・エドワード・ウィティカー
 撮影者:東京都 山口米子様
 撮影地:大船フラワーセンター 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、品種名の音読みから。/属名は、ギリシャ神話の水の精Nymphに因んでいる。/品種名は、イギリス海軍提督Sir Edward Whitaker夫人への献名。
学名 Nymphaea × 'Mrs. Edward Whitaker'
英名 Mrs. Edward Whitaker waterlily
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 スイレン科スイレン属
園芸分類 多年生草本
用途 池植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種(アメリカ)
花言葉
解説 ミセス・エドワード・ウィティカーは、スイレン科の多年草である。熱帯性スイレンの園芸作出品種である。昼咲き性の比較的大型種である。葉の径は30p前後、花径は25〜30p程度。熱帯性スイレンには、夜開性種と昼開性種とがあるが、本種は昼咲き性種である。花弁は明るい水色で、雄蘂は黄色であるが先端部は水色となる。花弁は剣弁で20個程度となる。 
履歴 本種は、アメリカのGeorge H. Pringによって1917年に作出され、新品種登録は1947年となっている。
交配親はNymphaea ovalifolia × Nymphaea 'Castaliflora'である。
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考