←トップ頁へ

和名 ミドリノタイコ
漢字表記 緑太鼓
別名・異名 クセロシキオス・ダンギュイー/グリーン・ドラム
古名
語源 和名は、丸い葉の様子から。/属名は、ギリシャ語のxeros(=乾燥)とsicyos(=キュウリ)の合成語から。/種小名については不詳。(人名、地名、或いは原産地の現地名からと推測される)
学名 Xerosicyos danguyi Humbert
英名 Silver dollar plant
仏名
独名 大阪府:咲くやこの花館にて→
伊名 撮影者:大阪府・藤井勝様
西名
葡名
漢名 碧雷鼓
植物分類 ウリ科クセロシキオス属
園芸分類 蔓性多肉性多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 マダガスカル島
花言葉
解説 ミドリノタイコは、ウリ科の多年草である。葉は、径3~5㎝程度、厚さは5㎜前後の丸い形状をしており、和名の由来となっている。蔓性で、巻きひげを出して他物に絡みつく。所々に刺が見られる。3月頃に、径7㎜前後の淡緑色の4弁花を見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 撮影:GKZ/とちぎ花センターにて↓