←トップ頁へ

和名jp ミバショウ
群馬県館林市:県立つつじが岡公園温室
漢字表記 実芭蕉
別名・異名
other name
バナナ
カンショウ
クルオイ(タイ語名)
古名old name
語源
etymology
和名は、実をつけるバショウの意。
属名はこの植物のアラビア名から。また、別説では、ローマの医師、A.Musaへの献名であるとも。
種小名は「先が次第に尖った」の意。
学名sn Musa acuminata
英名en banana
仏名fr banane
独名de Banane
伊名it banana
西名es banana
葡名pt bananeira
漢名ch 甘蕉
香蕉
泰名th กล้วย
植物分類 バショウ科バショウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 果実は食用(生食・調理・加工)
原産地
distribution
熱帯アジア
花言葉 初々しい、風格
解説
description
草丈は3~8㍍程度。茎は地株にあり、球茎状。地上に茎のように見えるのは葉生鞘が巻き重なってできた仮茎で、この頂部に長さ1.3~3.5の㍍の長楕円形の葉が互生する。葉が35枚~45枚出た頃、仮茎の咲きに花序が出て下垂する。外側の赤紫色花苞が一枚ずつ巻き上がり、離脱するにつけ2段に並んだ幼花群が現れる。花は淡黄色。
履歴 原産地のマレーシアでは、紀元前5千年頃から栽培が行われている。プランテーション農法の普及により、世界各地の熱帯地方で広く栽培されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考