←トップ頁へ

検索名 メリッサ
和名 セイヨウヤマハッカ
漢字表記 西洋山薄荷
別名・異名 メリッサ/メリッサ・オフィキナーリス/レモンバーム/コウスイハッカ
古名
語源 和名は、ハッカに似た香りを持ち、外来の植物であることから。/レモンバームは、英名から。/属名のmelissaとはギリシャ神話のニンフで、養蜂を編み出したとされる。そこで、養蜂には蜜蜂が集まることから、「集まる」の意になっている。/種小名は「薬用」の意。
学名 Melissa officinalis
英名 Lemon balm
仏名 citoronnelle
独名
伊語
西名 tronjil
葡語
漢名 香蜂花
植物分類 シソ科セイヨウヤマハッカ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用/香味料
原産地 南ヨーロッパ
花言葉 同情 栃木県佐野市:三毳山ハーブ園にて
解説 セイヨウヤマハッカは、シソ科の宿根草である。茎は直立するがよく分枝する。草丈は30~50㎝程度。葉は卵円形で鋸歯がある。葉の表には光沢が見られる。6~7月頃に散形花序を出し、白色の小花を見せる。学名の通り、蜜蜂がよく集まる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
22 133 「休みの日」