←トップ頁へ

和名 メキシコヒマワリ  ↑撮影者:東京都 中村利治様↓
漢字表記 墨西哥向日葵
別名・異名 ヒロハヒマワリ(広葉向日葵)/チトニア
古名 東京都:東綾瀬公園→
語源 和名は、英名の直訳からと推測される。/属名は、ギリシャ神話に登場する暁の女王エオス(Eos)) に愛されたティトヌス(Tithonus)の名に因んでいる。/別名は、それぞれ旧属名の音読みから。/種小名は「円形葉の」の意。
学名 Tithonia rotundifolia        撮影地:バンコク・ロットファイ公園↑
英名 Mexican sunflower
仏名 Tournesol ,exicain,
Soleil du Mexique
独名 Mexikanische Sonnenblume
伊名 Girasole messicano
西名 Girasol mexicano,
Girasol mejicano
葡名 Margarida-mexicana,
Girasol-mexicano
,Girasol-mejicano
漢名 腫柄菊  撮影地:ラオス・ヴィラ・サンティ↓
植物分類 キク科ニトベギク属
 撮影:GKZ/とちぎ花センター↓   
園芸分類 1年生草本
用途 路地植え
原産地 中央アメリカ
花言葉 果報者・優美
解説 メキシコヒマワリはキク科の1年草である。草丈は1~2m程度。葉は広卵形で、縁には不規則な鋸歯があり、緩やかに波を打つ。葉には葉柄があり、先端は鋭頭で、茎に互生する。8~10月頃、枝先に長い花柄を持った径8~10㎝程度の花をつける。舌状花は概して12,3個程度であるが、表面は緋橙色で、裏面は黄色となる。花柄には幾分粘り気がある。花柄は軟毛に覆われ、ビロード状の感触がある。だが、花柄が中空のため折れやすいという欠点を持つ。この花は、遠目には、ヒャクニチソウや一重咲きのダリアのようにも見える。
履歴 我が国への渡来時期不詳。/本種は古代アステカ帝国の国花であったと言い伝えられている。
県花・国花
古典1
古典2  
季語  
備考