←トップ頁へ

和名 マユハケオモト
館林市:県立つつじが岡公園温室


漢字表記 眉刷毛万年青
別名・異名 ハエマエンサス・アルビフロース
ハエマトゥース・アルビフロース
古名
語源 和名は、花姿並びに葉姿から。
属名は、ギリシャ語haima(=血)とanthos(=花)の合成語から。種小名は「白花の」の意。
学名 Haemanthus albiflos
英名 Paint Brush
仏名 Oreille d'éléphant
独名 Elefantenohr
伊名
西名 Brocha de pintor
Brocha de pintar
葡名
漢名
植物分類 ヒガンバナ科マユハケオモト属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 純粋、清純
解説 マユハケオモトは、ヒガンバナ科の宿根草である。ハマエンサスの仲間は、学名にも見られるように赤花が多いのだが、このマユハケオモトばかりは白花である。草丈20㎝程度の常緑の葉の間からあまり長くない花茎を出して、糸状の雄蘂が眉刷毛のようにみえる花を見せる。
履歴 我が国へは明治初年に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考