←トップ頁へ

検索名 マツユキソウ(待雪草)
和名 ユキマツソウ
漢字表記 雪待草
別名・異名 マツユキソウ/スノードロップ
古名
語源 属名は「乳色をした花」の意。/種小名は「雪の時期の」の意。
学名 Galanthus nivalis L.
英名 common snowdrop
仏名 perce-neige
独名 Schneeglöckchen
伊名 bucaneve
西名 campanilla blanca
葡名
漢名 大雪鐘
植物分類 ヒガンバナ科マツユキソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 花壇/鉢植え/切り花
原産地 旧ユーゴスラビア、アルバニア、ブルガリア 撮影者:東京都 中村利治様
東京都薬用植物園にて
花言葉 慰め/希望/まさかの時の友
解説 ユキマツソウはヒガンバナ科の多年草である。開花時の花茎の高さは5~10㎝程度であるが、開花後には15~20㎝程度にまで伸びる。球根は径2㎝程度の鱗茎で、線状葉を2個出す。2~3月頃開花する。花は外花被片(1.5~2㎝程度)及び内花被片(1㎝弱)がそれぞれ3枚で釣鐘型をしている。外花被片は白色だが、内花被片には白色の地に緑斑が入る。1本の花茎には1花のみつける(一茎一花)。
履歴 わが国へは明治初年(1870年)頃渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
17 142 「見返り草」