←トップ頁へ

和名 マツモ 撮影者:千葉県 三浦久美子様
 撮影地:筑波実験植物園            
漢字表記 松藻
別名・異名 キンギョモ(金魚藻)/
マツバモ(松葉藻)
古名
語源 和名は、線形の葉の様子がマツの葉に似ていることから。また、線状の葉が二股に分かれる事から。/属名はギリシャ語のCerass(=角)とphullon(=葉)の合成語からで葉の様子を示している。/種小名は「水中性の」の意。
学名 Ceratophyllum demersum
英名 Rigid hornwort,
Common hornwort
仏名 Ceratophylle émergé,
Cornifle émergé,
Cornifle nageant,
Cornille,
Herbe à cotnes
独名 Raue Hornblatt,Hornkraut
伊名 Ceratofillo comune
西名 Ceratofiláceas
葡名 Não tem
漢名 金魚藻
植物分類 マツモ科マツモ属  
園芸分類 多年生草本  
用途 アクアリウム栽培  
原産地 世界の温帯~熱帯地域  
花言葉  
解説 マツモはマツモ科の多年草である。世界の淡水(川・池んど)に生える水生植物である。根は持たず、枝が土の中に入り、それによって固定する。葉や花は水上に出ることは無い。葉は5~8個程度が輪生し、20~80㎝の長さとなる。葉の形状は線状で裂片が二叉状に分かれ、裂片の縁には鋸歯がある。5~8月頃、葉腋に無柄の花を付ける。雌雄異花で、雄花が先に出る。花被片は12個で、10~20本の雄蘂がある。雌花は雄花に遅れて出て、1個の雌蘂を持つ。花は水媒花である。晩秋に、葉が集まって2~6㎝程度の筆状の殖芽となって水底に沈み越冬する。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2 『大和本草』、『物品識名』  
季語  
備考