←トップ頁へ

和名 マツカゼソウ
漢字表記 松風草
別名・異名
古名
語源 和名は、一説には、マツの枝の図柄に似ていて「松枝草(マツガエソウ)と呼ばれていいたが、草姿に風情もあることから、現在の「マツカゼソウ」の名へと転訛したものと言われている。/属名は、ドイツの植物学者C.M.F.ボーニンハウゼンの名に因んでいる。/種小名は「日本の」の意。
学名 Boenninghausenia japonica 撮影者:東京都 中村利治様
英名 撮影地:東京大学附属小石川植物園
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 日本臭節草
植物分類 ミカン科マツカゼソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用/書物の間に挟み紙魚除けに用いられた
原産地 日本(関東以西)/台湾/中国
花言葉
解説 マツカゼソウはミカン科の多年草である。我が国では本州の関東以西~四国~九州の山地に自生の見られる野草である。草丈は50~80㎝程度。葉は3回3出羽状複葉で、小葉は軟質の倒卵形である。葉には小さな油点が散在し、裏面は白味を帯びる。本種には、全草に独特の臭気がある。8~10月頃、枝先に集散花序を出し、白色4弁の小花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考