←トップ頁へ

和名 マツカサススキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:千葉県四街道市
  
漢字表記 松毬薄
別名・異名
古名
語源 和名は、小穂がまとまってつく様子を松毬に見立てたことから。/属名は、イグサ又は類似の植物に対するラテン古名から。/種小名は明治期の動物学者で、東京帝大学長となった箕作佳吉氏の名に因んでいる。
学名 Schoenoplectus mitukurianus(=Scirpus mitukurianus)
英名   
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 カヤツリグサ科フトイ属(←ホタルイ属)
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本
花言葉
解説 マツカサススキはカヤツリグサ科の多年草である。泥湿地や原野の湿地に自生する。茎は鈍3稜形で硬く、草丈は1.5から2m程度に。葉は、硬質な線形で、基部は茎を抱く。8~10月頃、長さ5㎜程度で楕円形の小穂を20個程度まとまってつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考