←トップ頁へ

和名 マツバウンラン
漢字表記 松葉海蘭
別名・異名 リナリア・カナデンシス
古名
語源 和名は、松葉状の葉を持ち、花形がウンランに似ていることから。/属名はイギリスの動物学者・植物学者Thomas Natallへの献名。/種小名は「カナダの」の意。
学名 Nuttallanthus canadensis(=Linaria canadensis)
英名  Canada toadflax  ↑群馬県館林市にて↓ 
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 加拿大柳藍花
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)マツバウンラン属
園芸分類 1,2年生多肉植物
用途 野草
原産地 北米
花言葉 喜び・輝き
解説 マツバウンランは、オオバコ科(←ゴマノハグサ科)の1,2年草である。北米原産の帰化植物である。草丈は20~60㎝程度。葉は線形で、幅は1~2㎜程度。上部に行くと、葉はほとんど疎らとなる。4~5月頃、総状花序に、淡青色の下面状花冠の小花を開花する。上唇は先端が浅く2裂する。下唇は大きく、3裂する。長い挙を持ち、下唇上面に白色の隆起部がある。
履歴 渡来時期は不詳。我が国各地の海岸や草原の砂地に帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考