←トップ頁へ

和名jp マツバウド
漢字表記 和蘭陀雉隠し
別名・異名
other name
アスパラガス
オランダキジカクシ
マツバウド

拙庭にて


古名
old name
語源
etymology
和名は、葉が繁生し、キジをも隠すという意味から、そしてオランダは外来種であることを伝えている。
属名は、「激しく裂ける」の意のギリシャ古名asparagosに由来している。
種小名は「薬用の、薬効のある」の意。
学名sn Asparagus officinalis L.
英名en asparagus
仏名fr asperge
独名de Spargel
伊名it asparago
西名es espárrago
葡名pt aspargo
漢名ch 龍髭菜
石刁柏
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)クサスギカズラ属
園芸分類 多年生草本
用途use 食用
原産地
distribution
ヨーロッパ
花言葉 平凡/私は打ち克つ
解説
descruption
アスパラガスは、キジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。草丈は1.5㍍程度。細かい針状の繊細な葉が茂る。初夏には白緑色の花が咲く。雌株には秋に赤い実がなる。若い茎をウドと同様に軟白して食用にする。雌雄異種。
履歴 最も古い記録はローマ時代のものと言われ、ラテン民族によって2千年以前前に栽培されていたという。1~3世紀にはヨーロッパ全域に栽培が広まる。わが国へは、1781年にオランダ人が長崎へ持ってきたのが最初とされる。
県花・国花
古典1
古典2
季語 春/夏(花)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
15 127,129 「阿蘭陀雉隠し」