←トップ頁へ

検索名  マツバタイゲキ(松葉大戟) 
和名 マツバトウダイ  河口湖ハーブ・フェスティヴァル会場にて
漢字表記 松葉灯台
別名・異名 ユーフォルビア・キパリッシアス/マツバタイゲキ(松葉大戟)
古名
語源 和名は、葉が松葉状のトウダイグサの意から。/属名は、ローマ時代のモーリタニアの医師Euphorbusの名に因んでいる。/種小名は「イトスギのような」の意。
学名 Euphorbia cyparissias
英名 Cypress spurge
仏名 Euphorbe faux cyprès,
Euphorbe petit-cyprès
独名  Zypressen-Wolfsmilch 
伊名  Euforbia cipressina 
西名 Euforbia ciprés,lechetrezna
葡名
漢名 緑鐘鈴
植物分類 トウダイグサ科トウダイグサ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 ヨーロッパ
花言葉
解説 マツバタイゲキはトウダイグサ科の多年草である。茎は多数束生し、草丈は30㎝前後程度に。葉は、長さ2~4㎝程度で、茎に輪生する。5~6月頃、茎頂に散形花序を出し、黄色い花を多数つける。苞葉は緑色~黄色の腎形で花の周囲をカップ状に包む。
履歴 本種は、ヨーロッパ原産であるが、我が国では北海道で帰化状態にあると言う。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考