←トップ頁へ

和名 マツバイ
漢字表記 松葉藺
別名・異名
古名
語源 和名は、細く尖った葉姿を松葉に見立てたもの。/属名はギリシャ語のeleos(=沼)とcharis(=飾る)との互生語からで、この属の多くが沼地性の植物であることから。/種小名は「針形の、針状の」の意。/変種名は「長い刺毛の」の意。
学名 Eleucharis acicularis var. longiseta
英名
仏名
独名
伊名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
西名
葡名
漢名
植物分類 カヤツリグサ科ハリイ属
園芸分類 1年生多肉植物
用途 野草
原産地 日本/朝鮮半島/中国/シベリア東部
花言葉 撮影地:木更津市馬来田
解説 マツバイは、カヤツリグサ科の1年草である。概して田や休耕田、溜池などの水湿地に自生の見られる野草である。本種は沈水状態でも生育が可能である。地下にある細長い地下茎を匍匐し、節から茎を叢生し、全体的には群落状体となる。草丈は3~10㎝程度。茎の基部の鞘葉赤味を帯びる。花茎は糸状で濃緑色。葉は基部に膜状の葉鞘としてのみ残る。小穂は長卵形で花茎の先端に生じ、長さ2~4㎜程度の狭卵形で紅褐色を帯びる。果は長さ1㎜程度の狭卵形で3稜形となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考