←トップ頁へ

和名 マツバギク
撮影:GKZ/群馬県館林市

撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・エストレマドーラ地方
漢字表記 松葉菊
別名・異名 サボテンギク
ランプランツス・スペクタビリス
古名
語源 和名は、葉が松葉状で花形は菊のようだから。
属名はギリシャ語で「輝く花」の意。
種小名は「美しい」の意。
学名 Lampranthus spectabilis
英名 Fig marigold
Trailing ice plant
仏名 Lampranthus spectabilis
独名 Mittagsblume
伊名 Lampranthus
西名 Lamprantus,
Mesen rojo,
Mesem rojo,
Uña de gato
葡名 Chorina
漢名 松葉菊、龍須海棠
植物分類 ハマミズナ科(←ツルナ科)ランプラントゥス属
園芸分類 多年生多肉植物
用途 花壇/ロックガーデン/鉢植え/グランド・カヴァー
原産地 南アフリカ
花言葉 怠惰
解説 マツバギクはハマミズナ科(←ツルナ科)の多年草である。草丈は30㎝程度に。茎は匍匐し、マット状に広がりを見せる。また、掲載した写真に見られるように、高い場所から下垂させて栽培することも出来うる。茎は古くなると木質化してくる。5~7月頃、茎長に径5㎝程度の花をつける。花は昼間に日を受けて開き、夜には閉じる性質を持つ。花弁は、メタリックな輝きを見せる。
履歴 わが国へは明治初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※ マツバボタンに花も名前も似ているが、マツバボタンは、ヒユ科の植物である。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 27 「二つの島で」