←トップ頁へ

検索名  マッティオラ・インカナ   
和名 アラセイトウ
漢字表記 紫羅欄花
撮影:GKZ/足利フラワーパーク

撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様↓

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
別名・異名 ストック
マッティオラ・インカナ
古名
語源 和名は、一説には、葉がラシャ(羅紗=毛織物)の手触りに似ていることからとか。ポルトガル語で羅紗はraxetaと言い、「葉ラセイタ」となり、その転訛からアラセイトウとなったという。
属名は16世紀イタリアの植物学者Pirandrea Mattioliの名に因んでいる。
種小名は「灰白色の柔毛に覆われた」の意。
学名 Matthiola incana
英名 stock
gillyflower
仏名 des murailles
独名 levkojen
伊生 Violaciocca rossa
西名 alheli
葡名 Goivo,
matióla,
Goivos
漢名 紫羅蘭
植物分類 アブラナ科アラセイトウ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/薬用
原産地 南ヨーロッパ
花言葉 永遠の恋/豪華/幸福
解説 アラセイトウは、今日では、英名のストックの名で親しまれているアブラナ科の一年草である。(実際には、原産地では、多年草種や低木状種も存在するという。)草丈は20~60㎝程度。花序は、頂生の総状花序で、花径は2㎝程度、花色は紫、赤、白等と多彩である。葉や茎には白色の軟毛が見られる。
履歴 わが国へは寛文年間(1661~73)に渡来したと推測されている。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考