←トップ頁へ

和名 マトゥーカナー・ハイネイー
漢字表記
別名・異名 マトゥーカナー・ヴァリアビリス/マツカナ・バリアビリス
古名 
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、原産地ペルーの都市名から。/種小名は19世紀ドイツ人植物学者Friedrich G.Hayneへの献名。
学名 Matucana haynei(=Matucana variabilis)
英名 Matucana
仏名     撮影者:東京都 中村利治様
独名 撮影地:筑波実験植物園
伊名
西名 Matucana
葡名
漢名
植物分類 サボテン科マトゥーカナー属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 ペルー
花言葉
解説 マトゥーカナー・ハイネイーはサボテン科の多年草である。本種は、南米ペルーのアンデス山系で、標高1500~4100m級高地の岩礫地に自生の見られるサボテンである。植物体は球形~円筒形で、草丈は最大で30㎝、幅は20㎝程度となる。表面の稜数14~30となる。表面には多数の刺座を持ち、長さ4~7㎝程度で白色の細い刺を多数持つ。花は、植物体の頂部に4~9㎝程度の花筒を伸ばし、径4㎝程度で朱赤色の花を付ける。花後には径1~1.5㎝程度で球状の果実をつけ緑熟する。 
履歴  
県花・国花  
古典  
備考