←トップ頁へ

検索名   マタデ(真蓼)
和名 タデ
漢字表記
別名・異名 ホンタデ(本蓼)/マタデ(真蓼)/ヤナギタデ(柳蓼)
古名 タヅ(太豆)/タラ(太良)
語源 和名は、茎が高く成長することから。/別には、漢名「蓼」の音読みからとも。/属名は、ラテン語のpersica(=桃)に由来し、この植物の葉がモモの葉に似ていることを示している。/種小名は「水に生えたコショウ」の意で、水辺に自生が見られ、辛味をもつことから。
学名 Persicaria hydropiper(Polygonum hydropiper)
英名 Knotweed /Knotgrass
/Snakeweed /Bistort/ Fleeceflower/Sacaline
仏名 renouée
独名 Knöterich
伊名 Poliggono pepe d'acqua
西名 Pimienta acuática,
Persicaria picante,
Persicaria acre
葡名 Pimenta-de-agua,
Persicaria-picante,Persea,
persicária-mordoz
漢名  蓼 
植物分類 タデ科イヌタデ属
園芸分類 一年生草本
用途 鉢植え/路地植え/食用/香辛料
原産地 北半球全般 栃木市:花之江の郷 にて
花言葉 節操
解説 タデの仲間は多いが、マタデ、ヤナギタデと呼ばれるタデは、別にホンタデとも言われ、タデの仲間の代表格的存在である。湿地や水辺に生える。草丈は40~60㎝程度。葉は噛むと辛い味がする。秋に細長い花穂が出て淡紅色の花がまばらにつく。葉の辛味が香辛料に用いられる。
履歴
県花・国花
古典1 『出雲風土記』、『万葉集』、『和漢朗詠集』、『梁塵秘抄』、『今昔物語』、『山家集』、『近松浄瑠璃集』、『日本永代蔵』、『蕪村句集』
古典2 『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
・蓼食う虫も好き好き→人の好き、嫌いは様々であることのたとえ。
・蓼の虫は蓼で死ぬ→習い覚えた職業を一生続けることのたとえ。
季語 夏/秋(花)
備考 ※ 単に「蓼」と表記された場合、一般的にはヤナギタデを意味する。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
15 97 「佛の座」