←トップ頁へ

和名 マスティギオン・プチダム
漢字表記
別名・異名 ブルボフィルム・ファシナトール/ブルボフィルム・プチダム
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のbulbos(=鱗茎)とphyllon(=葉)の合成語で、鱗茎から葉が出ていることから。/種小名は「腐敗した、ひどく悪臭を放つ」の意。
学名 Mastigion putidum(=Bulbophyllum putidum=Bulbophyllum facinator)
英名 Putrid mastigion
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:新宿御苑
西名
葡名
漢名 溫德蘭豆蘭
泰名  สิงโตนกเหยี่ยวใหญ่ 
植物分類 ラン科マスティギオンン属(←バルボフィラム属)
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 ラオス、ミャンマー、タイ、ヴェトナムの海抜1000~1500mの高地
花言葉
解説 マスティギオン・プチダムはラン科の多年草である。原産地の項に記した地の森林の樹幹に着生する小形の原種ランである。長さ2~3㎝で長楕円形の偽鱗茎を持ち、その先に葉柄を持たない長楕円形の葉をつける。10~12月頃、長さ10~14㎝程度の花茎を伸ばし、掲載した写真のようにとてもユニークな形状の花をつける。個々の花はさほど長くは開花していないが、次々と開花してくれるので、長い期間花を楽しめると言われている。
履歴 本種は、発見当時はCirrhopetalum 属に分類され、その後Bulbophyllum属に分類され、現在は学名の項に記したようにMastigion属に分類されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考