←トップ頁へ

和名 マスクサ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
漢字表記 枡草
別名・異名
古名
語源 和名は、子どもが茎を裂いて枡形を作って遊んだことから。/属名は、古代ローマの植物名からの転用。/種小名は、「こぶ、膨らみ」の意。
学名 Carex gibba
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 穹隆苔草、 穹隆薹草 撮影地:千葉市緑区
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(本州以西)/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 マスクサは、カヤツリグサ科の多年草である。概して路傍や林縁等で湿り気のあるところに自生する野草である。草丈は30~70㎝程度。葉はすべて茎葉で、幅2~5㎜程度の線形で、表面は平滑である。5~6月頃、5~8個の小穂を穂状につける。小穂の長さは5~8㎜程度。上部に雄花、下部に雌花がつく。果胞は広卵形で扁平、長さは3㎜前後程度。果胞の縁にはひれがある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考