←トップ頁へ

和名 マスデヴァリア・クサンティナ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、スペイン人の医師であり植物学者であったJose Masdevalへの献名。/種小名は、「黄色の、黄金色の」の意。
学名 Masdevallia xanthina
英名 Yellow Masdevallia
仏名
独名
伊名
西名 筑波実験植物園にて
葡名
漢名
植物分類 ラン科マスデヴァリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 エクアドル・コロンビア・ペルー
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様
解説 マスデヴァリア・クサンティナはラン科の多年草である。原産地の項に記した地のアンデス山脈の標高1500~2800m級高地にある雲霧林地帯に自生する樹木に着生する小形のランである。葉は幾分肉質で、葉身の基部が徐々に細くなり葉柄となり、短い茎は葉鞘に包まれて見えない。葉の形状はほぼ楕円形で、長さは6~7㎝程度である。花茎は、茎の先端から伸びて、本種の場合、8㎝程度となり、葉の上に花が下向きに開花する。マスデヴァリア属の花は他の属のランとは花形が異様に見える。花弁と唇弁はとても小さく、萼片の先端は掲載した写真に見られるように尾状に下垂する。本種の花径は8㎝前後程度で、花色は、白色、淡黄色、桃赤色などとなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考