←トップ頁へ

和名 マスデヴァリア・デイヴィシイ  
漢字表記  
別名・異名  
古名  
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、スペイン人の医師であり植物学者であったJose Masdevalへの献名。/種小名は、イギリスのラン採集家Walter Davis氏の名に因んでいる。
学名 Masdevallia davisii
英名 Davis' Masdevallia,
Orchid of the Sun
仏名
独名 筑波実験植物園にて
伊名
西名 Quriwanqanki
葡名
漢名
植物分類 ラン科マスデヴァリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 ペルー
花言葉  撮影者:東京都 中村利治様
解説 マスデヴァリア・デイヴィシイはラン科の多年草である。本種は、南米ペルーの標高2600~4000m級高地の雲霧林帯に露出した岩上に着生するランである。草丈は25㎝程度に。革質で狭楕円形の葉を1個持つ。春~夏にかけて20~25㎝程度の花茎を直立し、その上部に掲載した写真に見られるような鮮黄色の花を1個つける。花径は5㎝程度。本種は、その花色から英名ではOrchid of the Sunと呼ばれている。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考