←トップ頁へ

和名 マサイノヤジリ
撮影者:千葉県 三浦久美子様  
漢字表記 マサイの矢尻
別名・異名 セネキオ・クレイニフォルミス
古名
語源 和名は、長い葉柄を持ったヘラ状の葉姿から。/属名は、ラテン語のsenex(=老人)に由来し、灰白色の毛または白色の冠毛をもつことから。/種小名は「Kleinia(シッポウジュ)属のような形の」の意。因みに、Kleiniaとは、18世紀ドイツの動物学者Jacob. Theodor Kleinの名に因んでいる。
学名 Nemosenecio kleiniiformis(=Senecio kleiniiformis)
英名 Spear Head
撮影地:筑波実験植物園
仏名 Séneçon fer de lance
独名
伊名
西名
葡名
漢名 劍葉菊
植物分類

キク科サワギク属

園芸分類 多肉植物
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 マサイノヤジリは、キク科の多年草である。南アフリカの乾燥地に自生する多肉植物である。全体的に白粉がかかっており、灰緑色となる。葉は長い葉柄を持ち、葉の形状は菱形に近い形状となり、和名の由来となっている。花色は黄色。草丈は80㎝前後まで成長する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
     撮影:GKZ/とちぎ花センター↓