←トップ頁へ

和名 マルトウガン
漢字表記 丸冬瓜
別名・異名 ファック・ホーム(タイ語名)
古名
語源 和名は、文字通り丸い形状のトウガンの意から。/名は16世紀のイタリア貴族で植物愛好家だったG.ベニンカーサの名に因んでいる。/種小名は「剛毛のある」の意。
学名 Benincasa hispida
英名 Wax gourd
仏名  撮影者:東京都 中村利治様
独名
伊名
西名
葡名
漢名 冬瓜
泰名 ฟักหอม
植物分類 ウリ科トウガン属
園芸分類 蔓性一年生草本
用途 食用/薬用
原産地 熱帯アジア
花言葉      タイ・スパン・ブリー:ブンチャワ野菜園にて
解説 マルトウガンは、ウリ科の蔓性一年草である。我が国では古くから野菜として栽培されてきた。茎・葉には白色の短毛が見られる。葉は心臓形で、掌型に浅く裂ける。6から7月に黄色い花を見せる。果実はほぼ球形~扁球形で、重さは3~10㎏。雌雄同株。
履歴 かなり古い時代に渡来したと推測されているが、その時期については不詳。既に平安時代には栽培されている。
県花・国花
古典1 『芭蕉句集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』  
・冬瓜の花は百一つ→無駄が多いことのたとえ。
・冬瓜を9月に食えば反胃を病む、霜降りて後に食うべし→良く熟してから食べろと言う教え。 
季語 秋(トウガン)
備考