←トップ頁へ

和名 マルミノヤマゴボウ
漢字表記 丸実山牛蒡
別名・異名
古名
語源 和名は、果実が球形なヤマゴボウの意から。/属名は、phyton(=植物)とlacca(=深紅色の顔料名)の合成語。液果に深紅色の汁を含むことからという。/種小名は「日本の」の意。
学名 Phytolaccaceae japonica
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 日本商陸
植物分類 ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
園芸分類 多年性草本
用途 薬用/着色料  撮影者:東京都 中村敏子様
原産地 日本(関東地区以西)/台湾/中国  昭和薬科大学薬用植物園にて
花言葉
解説 マルミノヤマゴボウは、ヤマゴボウ科の多年草である。草丈は1~1.5m程度。茎は丸い緑色で太く直立する。茎色は、果期には幾分赤味を帯びる。全草無毛である。葉は長さ25㎝前後程度の長楕円形~卵状長楕円形で、茎に互生する。6~9月頃、茎頂並びに茎上部の葉腋から総状花序を直立させ、紅紫色~淡紅色紅色の花を多数つける。果実は7~10個の分果からなり黒紫色に熟す。花弁はなく、萼片は5個。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考