←トップ頁へ

和名 マルハナバチラン
撮影者:東京都 中村俊治様↑
漢字表記 丸花蜂蘭
別名・異名 バンブルビー・オーキッド/オフリス・ボンビリフローラ
古名  撮影地:'10世界蘭展会場→
語源 和名は、英名からの直訳。/属名はギリシャ語のophris(=眉毛)を語源としている。/種小名はギリシャ語のbombyli(=虻)とflora(=花)の合成語から。
学名 Ophrys bombyliflora
英名 Bumble bee orchid
仏名 Ophrys bombyx
独名  Drohnen-Ragwurz  下3図撮影者:ポルトガル在住↓ 
伊名  Ofride fior di bombo  武本比登志/睦子様
西名 Orquídea abejorro   撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方


葡名 Erva-aranha
漢名 土蜂蘭花
植物分類 ラン科オフリス属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 マルハナバチランはラン科の多年草である。本種の属するOphrys属は地中海沿岸地方に約20種(変種が多いと言われている)分布し、英名ではその花姿からSpider orchidとかBee orchidと呼ばれている。当然のことながら、学名でも、同様の命名となっている。本種は、概して標高900m以下の牧草地等の草原に自生し、地下に肉質根を2個持ち、根際に2個の披針形で膜質の葉をつける。草丈は10~30㎝程度。3~5月頃花茎を直立させ、径1㎝程度の花を数個つける。花弁は緑色(希に白色もあると言う)で、唇弁はビロード状に光沢のある黒色~濃黒褐色で、中央部は青紫色となる。本種は、オスの蜂を誘引するために蜂の姿に擬態化している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考